テレアポのノウハウとポイント

ゆっくりしゃべる   そんなことか、と言われるかもしれませんが、ゆっくりしゃべることはとても大切なことです。これに気づいたのは、私が保険会社に勤務していた頃です。 最初に発見したのは、当時の同僚だったM氏です。何かの拍子にゆっくりしゃべると、相手の息づかいが感じられ、今相手がイヤなのかそうでないのか、が感じられると言い出したのです。 そして、私も試してみましたが、たしかにそのとおりでした。「ゆっくりしゃべる」と相手がイライラして、電話を切られると思われるかもしれませんが、むしろ、きちんと話を聞いてくれます。相手がイヤなのかどうかが感じ取れるのです。押したり引いたりするのが、テレアポでは必要ですが、ゆっくりしゃぺらないと、相手の状況は感じられません。早口でしゃべると、相手がイヤだという状況でもまくし立ててしまうため、ガチャと電話を切られることになります。これを、ゆっくりしゃべることで回避するのです。極端なやり方ですが、もし相手がイがっていたら話をやめることも重要です。 では、どのくらいゆっくりなのかということですが、相当にゆっくりです。幼い子供や耳の遠い老人に話すぐらいと考えてください。具体的にどうするかと言うと、滑舌よく話し、わかりやすい言葉で、相手が理解したかどうかを確認しながら、心をこめて伝えていきます。重要なことは、「わかりやすく」、「心をこめて」です。テレアポでは、専門用語を使っても自己満足でしかなく、それが相手に伝わることはありません。これもポイントです。わかりやすい言葉で伝えることがまず肝心です。そして、「心をこめて」というのは抽象的な表現ですが、テレアポを作業として投げやりにやると、それが相手に伝わり、アポを取ることはできません。心がこもっていない、アポを取りたいと思っていないトークは、相手に気持ちは伝わりません。心のない言葉は相手には伝わらないのです。電話は、顔が見えないむずかしいコミュニケーション手段なので、ゆっくり話して伝える ことが重要なのです。また、ほとんどのテレアポは早口でまくし立てます。「もしもし」と言った瞬間、すぐにテレアポだと相手にわかってしまいます。ところが、ゆっくり話しはじめると、いつものイヤなテレアポだと、瞬間的に悟られることはありません。そして、統計的に相手は、約数秒間は話を聞いてくれるため、ゆっくり話して、最初の関門を突破するのです。テレアポ代行のおすすめの会社があります。ビズコールという会社です。テレアポを外注することも一つの手段です。   ポイント ➡ゆっくり話したほうが、きちんと話を聞いてもらえる..

ゆっくりしゃべる

 

そんなことか、と言われるかもしれませんが、ゆっくりしゃべることはとても大切なことです。これに気づいたのは、私が保険会社に勤務していた頃です。 最初に発見したのは、当時の同僚だったM氏です。何かの拍子にゆっくりしゃべると、相手の息づかいが感じられ、今相手がイヤなのかそうでないのか、が感じられると言い出したのです。

そして、私も試してみましたが、たしかにそのとおりでした。「ゆっくりしゃべる」と相手がイライラして、電話を切られると思われるかもしれませんが、むしろ、きちんと話を聞いてくれます。相手がイヤなのかどうかが感じ取れるのです。押したり引いたりするのが、テレアポでは必要ですが、ゆっくりしゃぺらないと、相手の状況は感じられません。早口でしゃべると、相手がイヤだという状況でもまくし立ててしまうため、ガチャと電話を切られることになります。これを、ゆっくりしゃべることで回避するのです。極端なやり方ですが、もし相手がイがっていたら話をやめることも重要です。 では、どのくらいゆっくりなのかということですが、相当にゆっくりです。幼い子供や耳の遠い老人に話すぐらいと考えてください。具体的にどうするかと言うと、滑舌よく話し、わかりやすい言葉で、相手が理解したかどうかを確認しながら、心をこめて伝えていきます。重要なことは、「わかりやすく」、「心をこめて」です。テレアポでは、専門用語を使っても自己満足でしかなく、それが相手に伝わることはありません。これもポイントです。わかりやすい言葉で伝えることがまず肝心です。そして、「心をこめて」というのは抽象的な表現ですが、テレアポを作業として投げやりにやると、それが相手に伝わり、アポを取ることはできません。心がこもっていない、アポを取りたいと思っていないトークは、相手に気持ちは伝わりません。心のない言葉は相手には伝わらないのです。電話は、顔が見えないむずかしいコミュニケーション手段なので、ゆっくり話して伝える ことが重要なのです。また、ほとんどのテレアポは早口でまくし立てます。「もしもし」と言った瞬間、すぐにテレアポだと相手にわかってしまいます。ところが、ゆっくり話しはじめると、いつものイヤなテレアポだと、瞬間的に悟られることはありません。そして、統計的に相手は、約数秒間は話を聞いてくれるため、ゆっくり話して、最初の関門を突破するのです。テレアポ代行のおすすめの会社があります。ビズコールという会社です。テレアポを外注することも一つの手段です。

 

ポイント

➡ゆっくり話したほうが、きちんと話を聞いてもらえる

➡ゆっくり話すと相手の気持ちが感じ取れる

➡心をこめないと相手には伝わらない