テレアポの目的を間違えない

この準備の段階で、きちんと意識していただきたいことがあります。それは、テレアポの目的は何か、ということです。テレアポ=テレホン・アポイントメント=電話でする約束、ということです。テレアポとは、相手と会うという約束を取ること。ただ、それだけなのです。アポイントの先に、商品・サービスの販売がありますが、それはまた別のことと考えてください。最終目的は販売ですが、テレアポではアポを取ることだけに徹してください。テレアポで、アポを取ることと販売することの両方をやろうとすると、電話の相手に購入意欲があるのかどうかを探ろうとするようになります。電話でそこまで確認するのは、至難の技です。   そして、会話の内容も売り込みの色合いが強くなりますから、お客様はそれを感じて、逃 げようとします。その結果、見込み客を1人逃すことになるのです。再度、繰り返しますが、テレアポではアポを取ることだけに徹するようにしてください。本書の内容は、アポ取りのための内容になっています。テレアポの相談に来られる方で、アポ取りと販売を混同してしまい、無理難題をぶつけてくる方がいます。   私自身は、テレアポでのアポ取りのノウハウは教えますが、販売は教えません。乙のスタンスはずっと変えていません。なかには、売れたら高額なコミッションをいただける、というお話で来られる方もいま すが、すべてお断りしています。みなさんにアポを取ることだけに徹してくださいと言うからには、私自身もアポ取りに徹しています。なぜなら、アポ取りはそれほど簡単ではないからです。これは、テレアポ をはじめる前の意識として、とても大事な部分です。ただし、実際のテレアポで、お客様が買ってくれそうなことを言いはじめると、普通、「ゃった!」と思って、商品説明をはじめてしまいます。   しかし、ここでいろいろと説明をはじめると、うまく伝わらなかったり、アポイントが取れそうな雰囲気だったのに、「やっぱりいいです」というととにもなりかねません。..

この準備の段階で、きちんと意識していただきたいことがあります。それは、テレアポの目的は何か、ということです。テレアポ=テレホン・アポイントメント=電話でする約束、ということです。テレアポとは、相手と会うという約束を取ること。ただ、それだけなのです。アポイントの先に、商品・サービスの販売がありますが、それはまた別のことと考えてください。最終目的は販売ですが、テレアポではアポを取ることだけに徹してください。テレアポで、アポを取ることと販売することの両方をやろうとすると、電話の相手に購入意欲があるのかどうかを探ろうとするようになります。電話でそこまで確認するのは、至難の技です。

 

そして、会話の内容も売り込みの色合いが強くなりますから、お客様はそれを感じて、逃 げようとします。その結果、見込み客を1人逃すことになるのです。再度、繰り返しますが、テレアポではアポを取ることだけに徹するようにしてください。本書の内容は、アポ取りのための内容になっています。テレアポの相談に来られる方で、アポ取りと販売を混同してしまい、無理難題をぶつけてくる方がいます。

 

私自身は、テレアポでのアポ取りのノウハウは教えますが、販売は教えません。乙のスタンスはずっと変えていません。なかには、売れたら高額なコミッションをいただける、というお話で来られる方もいま

すが、すべてお断りしています。みなさんにアポを取ることだけに徹してくださいと言うからには、私自身もアポ取りに徹しています。なぜなら、アポ取りはそれほど簡単ではないからです。これは、テレアポ

をはじめる前の意識として、とても大事な部分です。ただし、実際のテレアポで、お客様が買ってくれそうなことを言いはじめると、普通、「ゃった!」と思って、商品説明をはじめてしまいます。

 

しかし、ここでいろいろと説明をはじめると、うまく伝わらなかったり、アポイントが取れそうな雰囲気だったのに、「やっぱりいいです」というととにもなりかねません。 これは、実際に面談して説明すれば伝わる話が、電話だと100%伝わらないことが多い からです。その理由は、電話は声だけで意図を伝える手段だからです。面談して説明すれば、身振り手振りや資料などで意図が伝わり、電話より正確なコミュニケーションが取れるのです。くれぐれも、テレアポの目的を間違えないようにしてください。

 

ポイント

➡テレアポは面談の約束を取ること

➡販売することは考えない

➡電話での商品説明は避けること